夏モノお買い得7.1sut~ 大きいサイズの専門店グランバック

Food

【男の道具】肉が極上に焼けちゃう魔法の鉄スキレットでわがままハンバーガーに挑戦【キャンプにも最適】

ミスターベイブ諸君!
わがままボディが一番喜ぶ食べ物ってなんだ?
そう! 「肉」である。

血の滴るような、命そのものを食らうかのようなステーキ。

滋養たっぷり、白米とのコンビネーションが魔力の焼き肉。

どれも戦うベイブにふさわしいが、難点が、外で食べるとちとお高いところ。

ならば肉を買ってきて家で食えばいいのだが、なかなか店のような焼き加減に持っていくのが難しい。
しかし、そんな肉を極上に仕上げてくれる道具があることをご存知かな?

そう、それが「鉄スキレット」である!!

「スキレット」とは何か? 鋳鉄製の厚手のフライパンのことだ。大体厚さ5mm程度のものが多い。
大きさはいろいろあるが、レストランでハンバーグなんかがそのまま乗った小さいフライパンといえば「ああ、小洒落たアレね……」と思い当たる人もいるんじゃないかな?

確かにカフェなどでは、パンケーキなんぞを乗っけて小洒落た感じで出てくる小憎らしい

アイツだが、ああ見えて奴は結構「やる」のだ。

というのも鉄スキレットは

  • ・とにかく丈夫。正しく使えば100年くらいは保つ!
  • ・熱伝導が抜群のうえ、分厚くて蓄熱性もあるので熱々が長持ち。そのまま食卓へも出せる。
  • ・無骨なルックスで愛着がわく!

そして何より

同じ料理が抜群に美味くなる!

のである。

これは使わない手はないのではないでしょう!

そして、鉄スキレットを使いこなす男は、女の子からもカッコよく見えること間違いなし!だと思うよ。
スキレットと一口に言っても、様々だ。大きさも一人用の目玉焼きにちょうどいいサイズから、4〜5人分のピザまで焼けそうな大きなものまで。

価格も2〜300円から6千円以上と多種多様である。
しかし今回は、理由は後述するが直径15センチ〜18センチくらいの大きさの物をお勧め。

メーカーもいろいろあるが、入手しやすいのは以下のような所じゃないかな。

  • ・ダイソー イモノシリーズ

こちらは100円ショップで有名なダイソーが、15〜22センチくらいのものを2〜300円で扱っている。
買っても実際に使い続けるか不安な人や、アウトドアなどにガンガン持って行き、多少手荒く使うかもしれない場合にお勧めだ。

  • ・ニトリ

こちらはニトリから出たいわゆる「ニトスキ」と呼ばれるもので、最近のスキレットブームを牽引したと言っても良い大ヒット商品。
15センチのものが500円以下。19センチでも800円以下とかなりお手ごろ。

売り切れが続出したのも頷けるね。

  • ・LODGE(ロッジ)

こちらは創業1869年というアメリカのメーカー。いわゆるダッチオーブンで有名なメーカーだ。
カウボーイが焚き火で豆料理などをしているのを映画などで見た人もいるんじゃないかな?

サイズは6 1/2インチ(16.5センチ)か8インチ(20.3センチ)が使いやすいだろう。
それぞれメーカー希望価格(税別)で2200円、3300円と他のメーカーに比べてちとするが、
100年使えることを考えたら安すぎるくらい。

その他ホームセンターなどでも、最近はオリジナルブランドでお手頃価格のものが各種出ている。
大きさを選ぶイメージとしては、一人分のハンバーグやパンケーキを焼いて、そのまま食卓に出すなら15〜6センチのもの。
ステーキを焼くなら18〜20センチの物が使いやすいだろう。

なんとなくイメージできるかな?

僕の場合は、パンケーキや菓子作りに活躍させたかったのでLODGEの6 1/2を選んだ。
こう見えてアメリカかぶれなのである。

いつかは愛犬と焚き火を囲みながら、マシュマロを焼きつつ、スキレットでコンビーフを温めてみたいな〜。

料理に入る前にスキレットには行わなければならない作業がある。

それが「シーズニング(油ならし)」である。

製品によっては、あらかじめシーズニングしてあるので、最初のシーズニングは必要ないと説明書に書いて有る場合があるが、
洗剤などで油を落としてしまったらまた必要になる作業なので、覚えておいて損はないだろう。

手順を以下に記すと。

  • ・先ずはしっかり汚れを落とそう。

スキレットを始め、鉄のフライパンなどは工場から出荷される段階で、錆防止のため錆止め剤や油、ロウなどで処理されている。
たわしや、食器洗い洗剤などを使って、まずはしっかり汚れを落とそう。
洗っているうちに泡が真っ黒になると思うが、とにかくしっかり洗う。
焦げや、うっかりサビなどが付いたスキレットも、クレンザーや焦げ落とし、サビ落としでガシガシ洗って大丈夫だ。ここが鉄製の道具のメリット。

テフロンなどの鍋だったら一発でコーティングが禿げてしまうところ。
鉄スキは油ならしで、新品同様になるので安心!

・次にスキレットを火にかける。

実はスキレット表面には微小な穴が空いている。その穴に詰まった水分がサビの原因になるので、しっかり加熱して水分を飛ばす。
*その際、取手部も熱くなるので、厚手の鍋つかみは必須である。くれぐれも火傷には気をつけよう。

・スキレット表面などに焦げが残っていた場合、それを焼き切るためにバーナーを使ったりする場合がある。

またシーズニングに慣れている人の場合、ガスコンロには安全装置が付いているため、熱が上がりにくいのでカセットコンロを使う場合がある。
効果的に空焼きはできるのだが、鉄スキレットの場合、熱がこもりやすいため、燃料のカセットが熱くならないように気をつけて作業を行って欲しい。

  • ・水分を完全に飛ばしたら、次は油を火にかける。

この油の量、鍋の深さの3分の1まで油を入れる、という人もいれば薄くでいいと言う人もいる。要はスキレットの全面に油がすり込まれればそれでいい。
今回は5ミリほど油をたっぷり入れて、キッチンペーパーで全体に油を塗り、5分ほど弱火にかける。

しつこいようだが、火傷にはくれぐれもきをつけて欲しい。
油をオイルポッドや古い雑巾などに染み込ませて捨てたら、裏や側面にも油を刷り込んで終了。

これで油ならしは終了。最初はめんどくさいように感じるが、油がしっかり馴染んだ鉄スキレットは、素材もこびりつきにくく、洗うのも簡単なので、最初だけきちっとやって欲しい。
使えば使うほど、使いやすく育っていくのが鉄スキの魅力だ。

【絶品ハンバーガーに挑戦!】
さて、スキレットの準備が整ったところで、ハンバーガーに挑戦!

まず材料は以下(4人分として)

  • ・牛ひき肉 …… 400グラム(一人当たり100グラム換算)
  • ・玉ねぎ …… 一個
  • ・トマト …… 一つ
  • ・レッドチェダーチーズ …… 好みで(とろけるチーズなどでも良い)
  • ・トマトケチャップ
  • ・塩
  • ・黒胡椒
  • ・ピクルス …… 好みで
  • ・バンズ …… 4つ(ここではイングリッシュマフィンを使用)

まずは玉ねぎのスライスを用意しよう。
普通は水にさらして辛味を抜くが、今回はワイルドテキサスなバーガーなので、スライスしたままの辛い玉ねぎを味わおう!
どうしても辛味が苦手な人は、切る前にレンジで30秒〜1分チンしてからスライスしたり、流水にさらしたりすると辛味は抜ける。そのへんは好みなので各々調整してみてほしい。

メインのパテ作り!
ハンバーガーだと合い挽き肉を使って、つなぎにパン粉などを入れるのだけども、これは和風の優しい味のハンバーガーの場合。
今回目指すは西部の味がする「ワイルドハンバーガー」ゆえ、使うは牛肉のみ!

・まず冷蔵庫から出した、冷たいままのひき肉をボウルにあける。

  • ・上から塩と黒胡椒をかけていく。その時少し離して上からかけた方が満遍なくかかる。
  • ・塩はかけすぎに注意。でも黒胡椒はバカみたいにたくさんかけて良し!
  • ・そして木べらでひき肉混ぜていく。

ハンバーガーだと手ごねが好まれるが、今回はウェスタン風。
欧米ではひき肉を混ぜる時、体温が移るのが嫌われ木べらでこねるのが一般的だって。これはハンバーグの起源がタルタルステーキだったせいかも。
とりあえずひき肉は混ぜ過ぎに注意。食べる時に肉の食感が残っていた方がいいので、形を整えられる程度になったらもうOKだ。
次にパテの形に整えるのだが、体温が肉に移らないように、手を氷水につけて冷やしてみた。
のだが……。これはちょっと冷たすぎる。いいかもしれないが、まぁやらなくてもいいかも……。

パテの形を整える時に、手にオリーブオイルを少し付けると肉が手にくっつかなくて良い。
一つのパテは80グラムから100グラムくらいが適当。
まず丸くして、中の空気を抜くようにパンパン叩きながら平らにしていく。
このパテ、焼くとびっくりするくらい膨らんでいく。

なので相当薄くしても大丈夫。真ん中にくぼみをつけても良いだろう。
さて、パテができたらスキレットの準備。
スキレットを火にかけるのだが、まずは中火くらいで温めていこう。丈夫なスキレットなのだが、鋳物なので急激な強火は寿命を縮めてしまう。

じっくり育てていくのも鉄の調理器具の楽しみの一つだ。

火にかけて2〜3分。水滴を落としてみてコロコロ転がるようだったらもう大丈夫。(やけどに注意)

油を引こう。
ここで一つ注意点。スキレットを始め、鉄のフライパンは先に熱してから油を入れる。

これは油が高温になりすぎないため。

油の量は小さじ半分〜小さじ一杯分くらい。スキレットは育てば育つほど、材料がくっつきにくくなるが、最初はこれくらい必要だ。
油を引いたら優しくパテを置く。

火加減は弱火〜中火で3分。香ばしい焼き色をつけるイメージで。

パテをひっくり返してさらに3分。この時、火は弱火に。

スキレットに蓋をして蒸し焼きで中まで火を通すイメージで。
そしてさらに蓋を取って、今度は強火に。余計な水分を飛ばしてこんがり仕上げるイメージで。

竹串を真ん中に挿してみて、肉汁が透明だったらOK。
まだ赤かったらさらに中火で加熱。
パテを焼いている間に、バンズの用意もしておこう。今回はイングリッシュマフィンだが、
半分に割って、バターを塗りトースターでチン。

そうこうしているうちにパテが焼けた!

想像以上にプリッと膨らんで焼けて、めちゃくちゃ美味そうな匂いが漂っている。
まずはシンプル過ぎる感があるが、玉ねぎスライスとケチャップだけのシンプルバーガーで試食してみよう。

コショウを振って……

男らしくガブリと食らいつくと……。

口の中で肉汁が溢れだし、玉ねぎの辛味と相まって絶妙のハーモニー。

これは……西部開拓時代の味がする!!  行ったことないけど。

でもこれはマジで美味い。しばし無言で肉を味わう。
さすがに牛肉100パーセント。ハンバーガーを食っているよいうより「肉」を食っている感がこれだけするとは。
しかしパテをこれだけプリプリに仕上げるとは……。鉄スキレット恐るべし。
お次はバリエーションで、チーズバーガーにチャンレンジ。
と言っても、肉が焼けたら火を止めて、パテの上にレドチェダーチーズを乗せ、蓋をして余熱で1分温めるだけ。

余熱と言っても蓄熱性バツグンのスキレットはまだジュージューいう音が止まらない。
1分経って蓋を取ると、この通りトロトロにチーズが溶けてやばいルックスに!

今度はスライスしたピクルスも載せてみよう。

熱々のチーズバーガーをガブリ!

なんじゃこりゃ! めちゃくちゃ美味い。
ちょっとこれ、悪いけど店とか行けなくなっちゃうよ……。
さらにバリエーションで、アボガドディップ。
アボガドのリッチなとろみが肉汁と絡み合っててうま〜!

トマトも酸味がサッパリしていくらでも食えそう!

いやぁスキレットで作るハンバーガー。絶品だとは思ってたんだけど想像以上の絶品さ。
ありがとうスキレットよ。お前以上に肉を美味く出来る奴は他にいるのか……。
そう感謝しながらキッチンを見ると、そこには油とチーズが絡んだスキレットが佇んでいた。

(なんかもったいないな……。そういえばトマトと玉ねぎもちょっと余っちゃたな……)

そう考えていると、カオス良いことを思いついた!

ニンニクを切ってスライス。オリーブオイルを入れたスキレットを再加熱し、ニンニクを入れる。

ニンニクがこんがりしてきたら、そこに余ったトマトと玉ねぎを投入。

そんでもって鯖の水煮缶を開け、鷹の爪を散らす。さらにオリーブオイルを入れて加熱。

すると、鯖のアヒージョの完成だ!!

見た目はなんだか怪しいが、塩で味を整えるとこれまた絶品。簡単に酒のつまみができた!

鯖の代わりにエビを使うとさらに本格的になるぞ。

もちろんスキレットはステーキを焼くにだって得意中の得意。
こんな焼くのが難しそうな塊肉だってお手のもの。

見てよ。この美味そうなレア加減!

素晴らしくこのスキレット。使い終わったらきちんと手入れしよう。

と言っても実はとっても簡単。
気をつけなくてはいけないのは、鉄製なのでサビに弱いこと。
水につけたままシンクに放置していたりするとあっという間にサビだらけになってしまう。
理想なのは、料理が出来上がったらそのまま熱いうちに、熱いお湯でブラシで洗うこと。

洗剤などなくとも驚くほど簡単にこびりついた料理カスなども落ちてしまう。
もちろんこの時も火傷などに気をつけよう。
洗い終わったスキレットはよく水気を切る。
前述したようにスキレットの表面には微細な穴が無数に空いている。

そこに入った水分を飛ばすため、火にかけるのがオススメだ。

そして水気を完全に飛ばしたら、表面に薄く油を塗ってしまっておこう。
使い込むうちに、油も馴染んでいき、だんだん塗らなくても大丈夫になっていく。

いかがだっただろうか。

このスキレット、肉以外にもパンケーキや、炒め物。おこげの美味しいご飯を炊いたり、
石焼ビビンパなど、可能性は無限大。

焼き物の達人目指して、貴兄のアイデアで楽しんでね!

それではまたお目にかかりましょ〜。
甘党無宿、局長・住倉カオスでした!

局長・住倉カオス