Lifestyle

【デブ目線】出張で泊まりたいおすすめビジネスホテル【名古屋・福岡編】

地方出張が多いポチャメンのためのおすすめビジネスホテル

地方出張の仕事で疲れたポチャメンたちのわがままボディをゆっくり休ませてくれるビジネスホテルをおすすめするデブ目線セレクトシリーズ。今回は、名古屋、福岡のビジネスホテルを調査してみました。ここさえ予約すれば間違いなし!
※採点は各項目20点で計100点 (Mr.Babe編集部調べ)

まず名古屋編から

開業間もない駅地下直結ホテル 1位 三井ガーデンホテル名古屋プレミア

出典:三井ガーデンホテル名古屋プレミア
出典:https://www.gardenhotels.co.jp/nagoya-premier/

・ベッドの大きさ 20 ・部屋の広さ 20 ・朝食の充実度 20 ・駅からの距離 20 ・値段 16 計 96点

2016年オープンした名古屋の最上級ホテル。名古屋駅から徒歩5分ですが地下直結のため雨にも夏の暑い日差しにも耐えられます。客室は全て高層階に位置しており、大きな窓からは名古屋市内が一望。まさに王様気分になれるのです。全米ホテルベッドシェアNo.1の「サータ」のマットレスと「ロフテー」と共同開発した快眠枕は極上そのもので、体重100キロ超級のヘビーなボディを優しく包んで快適に過ごせること間違いなしです。価格はビジネスホテルとしてはややお高めですが、早めに予約すれば1万5千円前後で宿泊可能です。他では得られないプレミア感を味わってみましょう。

大きなバスタブも魅力 2位 都心の天然温泉 名古屋クラウンホテル

出典:都心の天然温泉 名古屋クラウンホテル
出典:http://www.nagoyacrown.co.jp/

・ベッドの大きさ 19 ・部屋の広さ 18 ・朝食の充実度 20 ・駅からの距離 17 ・値段 20 計 94点
このホテルの魅力は、何と言っても一泊約5000円程度という圧倒的な安さと、天然温泉・三蔵温泉。三蔵温泉は、24時間入浴可能でいつでも体を休めることができます(清掃時間のぞく)。自慢の大浴場は3つあり、効能(関節痛、筋肉痛など)もよく、仕事で凝り固まった巨体を癒すにはバッチリな施設。朝食も充実で、味噌カツ、味噌煮、きしめんと朝から名古屋めし三昧。 「家康も愛した味噌かけご飯」は、濃厚な八丁味噌を熱々のご飯にぶっかけて食すという、シンプルながらも涙が出るくらいどえりゃ~旨い逸品。思う存分尾張三河の味を楽しんじゃいましょう。

好立地、1階にコンビニもあり 3位 東京第一ホテル錦

出典:東京第一ホテル錦
出典:https://www.tdh-nishiki.co.jp/

・ベッドの大きさ 20 ・部屋の広さ 19 ・朝食の充実度 17 ・駅からの距離 17 ・値段 19 計 92点
名古屋の中心地、錦・栄からほど近い好立地にある東京第一ホテル錦は、仕事でも遊びでも使えるリーズナブルでサービス満点のホテルです。注目は、デラックスシングルルーム。ベッドの大きさが、なんと幅160センチの大きさ。巨大なベッドは、アンドレ・ザ・ジャイアント並の巨体でも、すっぽり覆ってくれるであろう嬉しすぎるサイズ感。早めに予約すれば、デラックスルームも一泊1万円程度。ホテルの1階にはコンビニもあり小腹が減った時は、すぐ弁当を買いに行くことも可能。もちろん朝食もバイキング形式で「けんちんきしめん」など地元の食材にこだわったメニューも充実していて楽しめます。

続いて福岡編です!

ポチャメン経営者が徹底してこだわった広さ 1位 エルカーサ南福岡


出典:http://www.elcasa.co.jp/

・ベッドの大きさ 20 ・部屋の広さ 19 ・朝食の充実度 20 ・駅からの距離 18 ・値段 19 計  96点
ポチャメンが福岡でビジネスホテルに泊まるなら、エルカーサ南福岡をおすすめします。『身長180cm、体重110kgの大柄な前経営者が『自分でもゆったりとくつろげる広さでないとダメだ』と徹底してこだわり抜いた』(注*公式HP)と書かれているとおり、一泊5000円程度の格安ビジネスホテルとしては圧倒的なベッドとバスルームの広さを誇ります。まさにBabeの同志が心血を注いで作り上げたホテルなわけですよ…全国のポチャメンの皆さん、ここに泊まらずにしてどこに泊まりますか! 周辺施設案内に、もつ鍋や焼肉のお店がズラリと紹介されているのも心憎い。とういうか腹減ってきたっす!

いつもと違ったラグジュアリー感 2位 5TH HOTEL(フィフスホテル)

出典:5thホテル
出典:http://www.5thhotel.jp/

・ベッドの大きさ 20 ・部屋の広さ 20 ・朝食の充実度 18 ・駅からの距離 19 ・値段 17 計 94点
中洲のど真ん中に位置するため、仕事にも遊びにもピッタリの立地。きらびやかでゴージャスな内装に、二人でも余裕で入れそうな大きなバスタブ、ポチャメンがやすらぐにはこれ以上ないお部屋です。実は、元々レジャーホテルをだったホテルを改装しリニューアルしているため、通常のビジネスホテルとは一味違ったラグジュアリー感が得られます。朝食は姉妹ホテルのイル・パラッツォで味わうことができるのですが、明太子はもちろん九州7県の地元名物が用意された豪華なもの。せっかくの福岡出張、遊びも仕事も充実させたいという方には、おすすめです。

160センチ幅のベッドで快適な寝心地 3位 JR九州ホテル ブラッサム博多中央

出典:JR九州ホテル ブラッサム博多中央
出典:http://www.jrk-hotels.co.jp/Hakatachuo/index.php

・ベッドの大きさ 20・部屋の広さ 19 ・朝食の充実度 18 ・駅からの距離 20 ・値段 16 計 93点
博多の「粋」をコンセプトにした洗練した客室、ベッドは米国シモンズ社製の160センチ幅の高級ベッドを採用し寝心地は快適そのもの。機能性・環境性に優れた和モダンのおもてなしで、特別なひとときを過ごせます。JR博多駅から徒歩2分なので歩き回って疲れる必要も皆無。すぐ隣にラーメン屋の一蘭博多店もあるので小腹がすいたら集中カウンターでとんこつラーメンをズズっと吸い込みましょう。ラーメンを食って汗をかいたら室内に用意されている今治タオルで顔をふけば、すっきり拭き取れます。余裕のある旅をしたい方にオススメです。

皆様いかがでしたか? 次回は札幌・仙台編ですよ!
東京・大阪編はこちら【デブ目線 朝食&ベッドの広さが肝】出張で泊まりたいおすすめビジネスホテル【東京・大阪編】

キクチ定食 a.k.a 大盛りMAX

BMI check maker

BMIチェックメーカー

BMIチェックメーカー