Fashion

前作は完売。リーボックの独自テクノロジー搭載SOCK RUN.R。

サイズは30cmまでのユニセックス展開だから、彼女とのペアもオススメだ。


グローバルフィットネス ライフスタイルブランドのリーボックから、リーボックの90年代のアウトソールテクノロジー「スプリット ツーリング」を採用した新モデル「RUN.R 96(ランR 96)」がローンチされた。リーボックのランニングカテゴリーでは、2018年秋冬シーズンより、90年代のランニングシューズに使われたリーボック独自のテクノロジーに現代的なデザインを融合させた新モデルを続々と発売中だ。第一弾として、2018年5月18日(金)に発売した「SOCK RUN.R(ソックランR)」は完売となり、SNS上でも話題だった。そして今回、第2弾として発売する「RUN.R 96」。「SOCK RUN.R」と同じく、リーボックのアウトソールテクノロジー「スプリット ツーリング」を採用した新モデルだ。のこぎりの刃のような、印象的なフォルムで、スプリット(分離)されたソールが特徴の「RUN.R 96」は、1996年に商品化されずに幻となったプロトタイプモデル「PUMP EVO」に搭載されていた「スプリット ツーリング」のアウトソールをベースに。アッパーは、メッシュ素材とクッション性のあるラバー素材が使われていて、シューレースはコードロックを合わせることにより、よりモダンで、ミニマリズム的なデザインに仕上がっている。クリーンな印象を与えるオールホワイトのカラーとボリュームのあるアウトソールの組み合わせは、昨今のファッショントレンドにもマッチしたデザインだ。

リーボックランニング担当が語る「スプリット ツーリング」とは。


“スプリット ツーリング”は複数のパーツでつくられたアウトソールであり、リーボックが「PUMP EVO」というプロトタイプで初めて開発したソール構造です。元々ランニングシューズに、より柔軟性と軽量性をもたらすために開発したものであり、この革命が1990年代中盤以降の多くのランニングシューズの定義を変えたものとなりました。個人的な意見となりますが、その後、“スプリット ツーリング”がバスケットボールシューズにも採用されたりと、それは当時の最先端なテクノロジーだったと考えています。そして、スニーカーとしても「PUMP EVO」は素晴らしく、20年以上たった今でも魅力的なモデルです。「PUMP EVO」に搭載している“スプリット ツーリング”がランニングと同じようにファッションにおいても多くの定義を変えるものになっていくでしょう。リーボックの“スプリット ツーリング”は、「Instapump Fury(インスタポンプフューリー)」や、その後に発売となった「Opus(オーパス)」などのアウトソールのパイオニアとなりました。そして今再び、このフットウェア構造で多くの反響を呼ぶことになるでしょう。』

1)前足部のクッション性と柔軟性を実現。

2)柔軟性とクッション性を兼ね備える。

3)内踝の落ち込みをサポートするポッド。

4)着地時の衝撃緩和をもたらす。

「RUN.R 96(ランR96)」概要

◆発売中
◆サイズ:23.5cm~30.0cm(Unisex)
◆品番/カラー:CN4606/ホワイト/ブルームーブ
◆自店販売価格:23,000円(税抜)
◆販売店舗:ESTNATION 六本木店/BARNEYS NEWYORK 神戸店/mita sneakers/LITTLE UNION TOKYO/GR8

※詳細は公式サイトをご確認ください。

※掲載時点の情報のため、変更になる場合がございます。詳細はイベント先、店舗等へ直接お問い合わせください。

Mr.Babe編集部

BMI check maker

BMIチェックメーカー

BMIチェックメーカー