Fashion

織りと宇宙用ブーツ材を融合したランニングシューズ登場!

同じフォーム材を採用したシューズは、2018年度に世界で権威のあるランニング雑誌で、“Gear of the Year賞”にも選出されている。


グローバルフィットネスブランドのリーボックから、“織り”の技術を使用したアッパー「FLEXWEAVE(R)」と宇宙用ブーツのために開発されたフォーム材「FLOATRIDE FOAM」を融合したランニングシューズ「FLOATRIDE FLEXWEAVE(R)」が本日9月7日(金)に発売された。
リーボックが誇るクッショニング素材「FLOATRIDE FOAM」を採用したランニングシューズは、「FLOATRIDE ULTK」の2018年秋冬の新カラーに加え、アッパーを“織り”素材に変えた「FLOATRIDE FLEXWEAVE(R)」がラインアップに加わり、長距離ランナーのニーズに幅広く対応できるようになった。ゆったりと足になじむウルトラニットをアッパーに持つ「FLOATRIDE ULTK」に対し、「FLOATRIDE FLEXWEAVE(R)」は、織り込む繊維と織りの強度を部分ごとに最適化し、ストレッチ性や柔軟性が高いにもかかわらず強度・サポート性をもたらす織りのアッパー技術「FLEXWEAVE(R)」を採用することで、前足部の安定性をより向上させてくれる。そのため、足元をしっかりホールドすることを好むランナーに適したシューズだ。ポチャメンランナーには最適な機能性を備えた、31cmまで展開のこのシューズ。今回も争奪戦が予想される!?

クッショニング素材「FLOATRIDE FOAM」とは?


「FLOATRIDE FOAM」は、宇宙用ブーツの開発のために生まれたリーボックが誇るクッショニングと反発性を兼ね備えたフォーム材だ。発泡してできたセルの個々の大きさが均一になるようにフォーム材の配合を工夫することで、クッション性と反発性を両立し、さらにEVAフォームの重量のおよそ半分となる軽量性も実現した。リーボック初のレーシングシューズであり、このフォーム材を取り入れ、最軽量化を目指した「Floatriderunfast Pro」は国内で2018年7月に限定発売され1週間で完売するなど人気を博した。同じく「FLOATRIDE FOAM」を採用した「Floatridefast」は世界で権威のあるランニング雑誌『Runner’s World』にて2018年度の“Gear of the Year賞”に選出されている。

アッパーテクノロジー「FLEXWEAVE(R)」とは?


「FLEXWEAVE(R)」は、ニット素材の「編み」などとは異なり、「織り」を用いた技術。「織り」は縦糸と横糸から成り、構造的に編みより強く、異なる繊維を組み合わせることを可能とする。「FLEXWEAVE(R)」は、「織り」の種類でも、「8の字織り」構造を採用し、そこに最新のプログラミング技術を導入することで、一枚布構造でありながら、シューズの部位によって自由自在に柔軟性、通気性、強度やサポート性を変えることに成功したのだ。シューズの部位によってどのような繊維を用いるか、織り目の密度をどうするかは、トレーニングのニーズにあわせてプログラミングされている。

FLOATRIDE FLEXWEAVE(R)製品概要

◆発売日:2018 年9 月7 日(金)
◆サイズ:〈MEN’S〉25.0cm~31.0cm
◆カラー/品番(右から):〈MEN’S〉[CN5236]ホワイト/ソーラーイエロー/ブラック、[CN5237]ホワイト/ブルームーブ/アトミックレッド。他一点はWOMEN’S
◆自店販売価格:19,000円(税抜)
◆販売店舗:リーボック直営店舗:リーボック フィットハブ 六本木ヒルズ、ららぽーとEXPOCIT、博多キャナルシティオーパ、北千住マルイ・他、リーボック取り扱い一部店舗
◆問い合わせ先:リーボック アディダスグループお客様窓口
◆電話番号:0570-033-033(電話受付/平日9:30~18:00)

※詳細は公式サイトをご確認ください。

※掲載時点の情報のため、変更になる場合がございます。詳細はイベント先、店舗等へ直接お問い合わせください。

Mr.Babe編集部

BMI check maker

BMIチェックメーカー

BMIチェックメーカー