Fashion

体型カバーコーデは「おじさん」にこそ見て欲しい

体型が気になる40代50代。鍛えようと思っていても、どうしても維持が難しくなってくるからこそ、着こなしでバランスととるべきです。体型をカバーできるコーデをカバーしたい部位ごとにご紹介します。体型をカバーできるコーデでカッコよいおじ様になりましょう。

体型カバーコーデは40代50代こそ意識するべき

年齢を重ね、体型維持が難しくなってきた40代〜50代だからこそ、ファッションでバランスを整えるべき。「だらしないおじさん」より、『カッコいいおじさま』でいるために。失敗しない体型カバーコーデをカバーしたい部位ごとに紹介します。

40代50代の体型カバーコーデおすすめ

Yラインシルエットで”お腹周りや肩幅”をカバー

上半身が大きい人は、カーディガンやロングコートでYラインのシルエットで体型をカバーしてあげると吉。アウターに黒やネイビー系の色を使えば、より締まって見えます。ただし、インナーのシャツまで黒だと重すぎるので注意。

収縮色で”太さ”をカバー

白や赤といった膨張色を避けて、黒や青といった細く見える収縮色をテーマカラーにすると良い。また、淡い色は輪郭が広がって見えるので、濃い色で閉めてあげると直良し。ちなみに、収縮色を活用する場合は「外側を収縮色・内側を膨張色」にすると締まって見えます。

ワイドパンツで”足の太さ”をカバー

下半身が気になる人はワイドパンツで体型をカバー。テーパードパンツやジョガーパンツを合わせることで、足回り(特に太もも)の太さをカバーできます。注意すべきは立ち状態でゆとりを持たせること。試着室でちょうどいいくらいだと、座った時に突っ張ってしまうので注意です。足首が見えるくらいの丈感を意識してあげると、バランスよく整いますよ。

縦ラインで”全体のだらしなさ”をカバー

服全体に縦線を入れるとすっきりとまとまる。ネクタイと着けるとすっきりして見えるのをイメージしてもらえるとわかりやすい。ジャケット×シャツで縦線を作るのも良し、ストールやタイを使うと、簡単に縦ラインを作れるのでおすすめです。

シャツの着丈で”胴長体型”をカバー

トップスの、特にシャツの着丈が長すぎると胴長に見えるので注意が必要です。カジュアルシーンではビッグサイズがトレンドですが、あくまでも「全体がゆったりとしていること」が条件。体型が気になる人は身幅のサイズを重視すると、「お腹は出過ぎず、上半身はすっきり」な見た目を作れますよ。

靴で”足の短さ”をカバー

足を長く見せたいのであれば、靴色をパンツの色と合わせるのもおすすめ。抜け感を大切にするために別系統にしても良いですが、体型をカバーするなら同系色でまとめるのもアリ。ただし、派手な色(赤・黄etc)は合わせづらいので注意が必要です。

オーバーオールで”お腹&お尻”をカバー

ぽっこりお腹やどっぷりお尻をカバーしたいなら、オーバーオールやサロペットを使うと良いですよ。ぽっちゃり体型で気になるポイントが「お腹」と「お尻」。頑丈なオーバーオールならどちらもカバーできます。ぽっこりお腹にお悩みなら、オーバーオールやサロペットは良きパートナーになってくれるでしょう。

年下からカッコいいと思われるおじ様に

おじさんにこそ見て欲しい体型カバーコーデを紹介しました。年齢を重ねれば重ねるほど、ファッションに興味が薄れてくるかもしれません。でも、カッコいいって言われたいですよね。30代、40代のコーデ例も合わせてチェックして、よりカッコいい『おじ様』を目指してくださいね。

ポッチャリ&ガッチリ限定の会員制コミュニティ!

「Mr.Babe BIG MAN's LABO」

入会はこちら↓

mr-babe-big-mans-labo