Fashion

女子だけじゃ無い!「着痩せコーデ」テクニック

女子がよく言う「着痩せ」を聞いて、着るだけで痩せるわけないだろうと思ったことありますよね。

ご存じの通り痩せるわけでは無く、痩せたように見せるのですが、それは女子だけなく男性にも使えるテクニックです。

そこで今回は「男らしく着痩せするコーデテク」を紹介したいと思います。

ポイントはトップスとボトムスのサイズ

 

体型を隠そうとするとどうしても大きめサイズの服を選びがちです。

しかしその行為は逆効果。着痩せコーデは「トップスが普通サイズ」で「ボイトムスは細め」が基本です。

こうしたメリハリをつけ、ひし形ラインを意識するのがポイント!

 

また、手首や足首は細い部分なのでちょい見せしてメリハリを付けることですっきりとさせることが出来ます。

首もとも首がはっきり見えるトップスを選ぶか、ハイネックで顔の周辺を隠し小顔に見せるのもいいですね。

細いボトムスは窮屈で苦手という人でも、機能性のあるアイテムを選ぶと屈伸がしやすく動きやすいので無理なく着痩せコーデにチャレンジ出来ます。

 

収縮色や色のトーン、柄でも引き締め効果期待

 

暖色系の膨張色はぼんやり見えて輪郭がぼやけがちなので太った体型の人にとっては大敵。

逆に収縮色は引き締まって見えるので積極的に取り入れたい色です。

特に顔に近いトップスや帽子などを収縮色にすると、目に付きやすい位置なのですっきりした印象を与えます。

膨張色を入れたい場合は部分的に取り入れる事をおすすめ。

 

収縮色とのメリハリでぼやけた印象にならずにすみます。

また、色のトーンが低い色は収縮色でトーンが高い色は膨張色です。

同じ色でもトーンが違うと印象が変わるので気をつけましょう。

柄も取り入れることでコーデの幅が広がります。

ボーダーだったら細めのダークカラー、ストライプは縦に長く魅せることが出来るのでおすすめの柄です。

服の素材でもメリハリ

 

服の素材によっても太って見える場合があります。ニットなどの厚手のものや荒目のローゲージは着太りして見えます。

季節感を出したくてニットを着るなら薄手の物や編み目の細かいハイゲージを選ぶと良いでしょう。

 

上半身が大きめの男性があまりトップスにボリュームを持ってきすぎてもよけいに体型が大きく見えます。

ハリがあってカチッとした素材のジャケット等で体のラインを目立ちにくくして引き締めるといいですね。

アイテムで引きつける

 

下半身をすっきりした印象に見せたいので、足元が重たく見える厚みのあるブーツやごつめのスニーカーは避けた方が良いでしょう。

アイテムの色を明るい差し色にして目線を体型から外すのもテクニックです。

 

例えばマフラーでも明るくて薄めの物を選んでスマートに、細いボトムスも明るいトーンの色で引き締めて、収縮色の帽子で印象的に、ジャケットでカチッと体型カバー。

全部入れるとガチャガチャするのでうまくチョイスして自分流に組み合わせてみてください。

ポッチャリ&ガッチリ限定の会員制コミュニティ!

「Mr.Babe BIG MAN's LABO」

入会はこちら↓

mr-babe-big-mans-labo