Fashion

工夫で体系カバー冬の着こなし

自分の体系でコンプレックスに思っている部分を隠そうとしてバランスの取れていない服装になっていませんか?一見自分には似合わないかもと思うコーデでも、トップスとボトムス、配色などの組み合わせでうまく体系カバー出来ます。ガッツリ、ぽっちゃり体系を活かして自分に似合うコーデを見つけてくださいね。

 

お腹まわりカバーのアウター

ボリュームのあるアウターを着ると自然とお腹周りのシルエットが隠れます。だからといってあまり体系より大きすぎるのも、ますます大きい体に見せてしまうので気を付けましょう。全体に黒っぽいカラーで統一して、引き締まった印象に。マウンテンパーカーはインナーを着ることを考えて余裕をもった作りになっているので、大き目シルエットも自然にカバーしてくれます。体全体を覆ってくれるチェスターコートは大人な男性にもおすすめです。高機能な中綿を使用したカーディガンは、ボリュームを押さえて着ぶくれせず、1枚でもあたたかく着れるので1枚は持っておきたいですね。

 

上半身カバーのトップス

大きい体系だとごつくなりがちな肩回り。わざと方の縫い目が偏り下に落ちたデザインのトップショルダーがおすすめ。パーカーの大き目サイズでも流行りのビックシルエットに沿っているのでゆったり着こなせてお腹周りまでカバーしてくれます。カットソーやロングTシャツは無地でクルーネックがいいですね。ロングTシャツは重ね着に適していて、トップスの下から裾を少し見せることでアクセントをつけ、メリハリを出すことも出来ます。オックスフォードシャツはシャープな襟が特徴。ニットとの重ね着でコーディネートして首元もすっきりおしゃれに。

 

下半身カバーのボトムス

体系カバーにはYラインとAラインがあります。Yラインは上半身がゆったりしたものを着ることで上半身カバーになり、Aラインは上半身を小さく下半身を大きく見せる下半身カバーになります。Yラインの時はスキニーパンツなどの比較的細身のボトムスを合わせたりします。そうすることで縦長にみえてスラリとした印象を与えます。Aラインの場合はワイドパンツで脚の太さをカバー。この時のトップスのボリュームや色には気を付けましょう。スキニーパンツがぴったりとしていて苦手な場合は、裾に向かって細くなっているテーパードパンツがおすすめ。太もも部分にゆとりがあってさらに細く見えるのでYラインでもAラインでも合わせられます。

 

組み合わせでスマートなシルエットに

上下黒っぽい組み合わせばかりだとおしゃれも楽しめませんよね。黒のジャケットに黒のパンツときたらシャツは薄めの色にしたり、靴も白のスニーカーなどと収縮色と寒色系をうまく組み合わせてすっきりした印象に仕上げるのもいいですね。明るい色のステンカラーコートの中にカーディガンを着て防寒をし、テーパードパンツとシューズを黒にすることで明るめのコートでもすっきり引き締まって見えます。ワイドパンツをはくならパーカーの上にコーチジャケットを着てラフになりすぎないように着こなすのもおすすめです。ニットフリース生地のパンツとニットカーディガンで動きやすい休日コーデも。出かけるときはマフラーで首元をカバーしつつ小顔効果も期待できます。ポイントを押さえて組み合わせれば自分の好みのアイテムで体系カバーが出来ちゃいます。ぜひおしゃれも楽しみながらコーディネートしてくださいね。

ポッチャリ&ガッチリ限定の会員制コミュニティ!

「Mr.Babe BIG MAN's LABO」

入会はこちら↓

mr-babe-big-mans-labo