Special

「小ポチャ」「中ポチャ」「大ポチャ」全ての“ワガママボディー”を伊勢丹スーパーメンズは笑顔にできるか!! を調査した件

我々ポチャイリスタの
“おしゃれ欲求”を満たしてくれる、
伊勢丹新宿店メンズ館7階=スーパーメンズ――
その実力を測る!

<モデルサイズ>
「小ポチャ(左)」白勢さん:身長 168cm 体重 95kg B:116 W:109 H:115 S:28cm
「中ポチャ(中)」吉一さん:身長173cm 体重95kg B:114 W:103 H:112 S:28cm
「大ポチャ(右)」太田さん:身長:177cm 体重110kg B:120 W:100 H:115 S28cm

ポッチャリと一言で言ってはみても、そのポッチャリ感には大きな違いがある。身長の高低はもちろん、太っている場所が腹回りのみの場合や、太ももに肉が付いている場合など、100人100様のポッチャリ感があるのだ。それが故に、どんなにおしゃれな着こなしを見てマネをしようと思っても、まったく似合わなかった……なんて悲しい現実を見るはめにもなる。そこで――「日本一のポチャメンの味方」と豪語して憚らない(!?)伊勢丹新宿店スーパーメンズでなら、そうした悩みを抱える必要が無い!? という噂が本当かどうか知るために、『様々なポッチャリボディに似合う、春アイテムを教えてください!』という無理難題を吹っ掛け……もとい、お願いしてみた!

3つのポチャシルエットに似合う、
春にマッチするビジネススーツとは!?

今回、伊勢丹新宿店 スーパーメンズにお願いしたのは、「小ポチャ(小柄ポッチャリ)」「中ポチャ(中背ポッチャリ)」「大ポチャ(大きめポッチャリ)」の、3タイプのワガママボディに合う春スーツを探してほしい! というもの。
春といえば、気分を一新させたいシーズン。新しいスーツを身にまとって颯爽とビジネスに挑むことは、男なら誰もが憧れるシチュエーションだろう。

今回、サポートをしてくださったのは、スーパーメンズでアシスタントバイヤーを手掛ける和泉圭さん。ウールのジャケットにロールアップしたパンツと、小粋なスタイルで撮影に同行してくれた、物腰の柔らかい下町育ちのお兄さんだ。

さて、まずは「小ポチャ」向けからチェック。

こちらは、小ポチャのシルエットに柔らかくフィットする、D’URBAN Ombrare(ダーバン オンブラーレ)のスーツ[2L~4L]¥110,000(税別)。妥協のない品質の服地を世界に送り出している「ロロ・ピアーナ」社の生地を使用したハイセンスな一着で、ふわりと軽い着心地が魅力。モデル着用してくれた白勢さんは、

「しっとりとした手触りで、動きに寄り添うような着心地がいいですね。色も少し淡いブルーで、すごく春らしいイメージ。肩幅や胸板まわりの厚みもピッタリです。メリハリを感じさせてくれる生地で、陰影によりポッチャリ体形をスマートに見せてくれるのもいいですね!」

と、大絶賛。ジャケットのボタンを留めることでくびれが生まれるが、このくびれが“ただのポッチャリじゃなくて筋肉質なポッチャリ!”に錯覚させてくれるのもうれしいポイントだ。

続いては「中ポチャ」。こちらのスーツもD’URBAN Ombrare(ダーバン オンブラーレ)のもので、ドメスティックブランドならではの上質感がポイントだ。

D’URBAN Ombrare(ダーバン オンブラーレ)のスーツ[2L~4L]¥85,000(税別)。写真では分かりにくいかもしれないが、生地がチェック柄になっていて、身体の動きや光の当たり方によってチェックが揺れ、華やかな風合いをもたらしてくれる。スーツをただのスーツでは終わらせない、D’URBANとスーパーメンズの心意気がこの1着に集約しているのだ。

「自分にはブルーのスーツは(没個性になりそうで)似合わない、そう思っていたんですが、このスーツを着てみて印象が変わりました。パンツの穿き心地もよいです。仕事でスーツを着用することが無いんですが、1着欲しくなりました!」

と、着用モデルの吉一さん。恰幅の良い「中ポチャ」なボディには、ワザアリ! なスーツがハマるようだ。

では「大ポチャ」なボディには、どんなスーツが似合うのだろうか。和泉さんがオススメするのはコチラ。

明るめのグレーベースにブラックストライプが施されたスーツ[2L~4L]¥130,000(税別)。こちらもD’URBAN Ombrare(ダーバン オンブラーレ)のもので、生地はDORMEUIL(ドーメル)社のものを使用している。ドーメル社は、150年以上の歴史を持つフランスの高級服地ブランド。このスーツに用いられている生地は、驚くほどなめらかな手触りで、エレガントな風合いが特徴。

「僕のようなワガママボディが着ても、スマートに見えることに驚きました。とくに素晴らしいのは、服地の触り心地です! また、ストライプのスーツは日本人は難しいかと思ったのですが、身長のあるポッチャリ体形にはバツグンに似合うことがわかりました。春~夏に向けてスーツを新調しようと思っている大ポチャな皆さん、このスーツはかなりおすすめです!」

と、着用モデルの太田さん。


体形に似合うスーツが見つからない……と嘆く前に、伊勢丹新宿店スーパーメンズで相談してみるべきだろう。

さらに! 春のカジュアルウェアの
オススメを試着de CHECK!

春スーツの試着だけで引き下がってしまっては、まだまだ伊勢丹新宿店 スーパーメンズの魅力を知らしめることはできないだろう!! ということで、「中ポチャ」「大ポチャ」にオススメの、春のカジュアルコーデも試してみた。


まずは、太田さんが、春色コーデに挑戦。コーデの内容は、LARDINI(ラルディーニ)のシャツジャケット[54~58]¥71,000(税別)、Gran Sasso(グランサッソ)のニットポロ[54~58]¥29,000(税別)、INCOTEX(インコテックス)のカジュアルパンツ[54~58]¥37,000(税別)。

イタリア発のラルディーニのジャケットは、伝統的なサルトリアの技術が光る逸品で、春らしい軽さと、洗練されたフェミニンさをバランスよく醸し出す。「大ポチャ」の人は、ついついサイズに気を取られて、ジャージやニットなどユルユルとしたアイテムを着てしまいがちだが、この春はジャケット+チノなど、スマートな印象に着こなせるアイテムで攻めたい。

ジャケットの胸元のブートニエールは、ラルディーニのアイコン的存在。遊び心あふれる一着で、春を楽しもう。

続いては、吉一さんがワイルドな春コーデに挑戦。

コーデの内容は、Sealup(シーラップ)のブルゾン[54~58]¥85,000(税別)、GUY ROVER(ギローバー)のシャツ[XL~XXXL]¥19,000(税別)、INCOTEX(インコテックス)のジーンズ[38~42]¥35,000(税別)。

1935年にミラノで創設され、レインウェアを専門に取り扱っていたシーラップは、今では世界的なアウターウェアブランドに成長。洗練されたデザインのナイロンブルゾンは、これからの時期に重宝する羽織ものとしておすすめ。


鹿の子編み素材なのでストレッチ性が高く、腕や肩の動きを妨げないうれしい一枚。ホリゾンタルカラーの襟元が、春らしい軽やかさを演出してくれる。

“ポチャメンの聖地”は、伊達じゃない!?
人気のあの“バーゲン”も開催!

どんな体形だろうが、どんなワガママだろうが、伊勢丹新宿店メンズ館7階=スーパーメンズに行けば、難なく“似合う1着”を探せることが、分かっていただけただろうと思う。
ちなみに、2月21日からは、人気の「スーパーメンズバーゲン」が開催される。気になるアイテムが驚きの価格で手に入れられるまたとないチャンスを、見逃すな!!

<スーパーメンズバーゲン>
会期=2018年2月21日(水)~26日(月)
会場=伊勢丹新宿店本館7階=催物場
開催時間=10時30分~20時 *最終日は18時終了
http://www.isetanguide.com/sale/super/
PROMOTION/伊勢丹新宿店メンズ館

<関連記事>
伊勢丹新宿店メンズ館7階 スーパーメンズが、 ポッチャリ男性にとって“ファッションの宝箱”だった件

Mr.Babe編集部

BMI check maker

BMIチェックメーカー

BMIチェックメーカー