Fashion

あえてポチャメンが着る! オーバーオールの「トリセツ」2018

僕はこうして得点稼ぎする! ヤセには出せない「カワイイ魔力」を引き出す、2018年春のオーバーオール 「トリセツ 」スタート!

最先端コーデで、ダサいデブからオシャレなポチャメンに!

 全国津々浦々のファット&ファッショニスタなジェントルマンの皆さん! 普段プライベートでは、どんなファッションを楽しんでます? ここ数年、シュプリームを筆頭に空前のストリートブームに乗り、ゆったりしたシルエットがトレンドになり、デブにも優しいファッションシーンになりましたね! また一方でチェスターコートをはじめジャケット、コートを主体としたキレイなど多様化してきている印象を受けまする。しかし、やはりポチャメンの魅力を最大限引き出してくれるアイツは欠くことのできないアイテムであります。そう、オーバーオールです。そんな、太ましい体型をカバーしつつ個性を出してくれる我らの『オーバーオール』を最高にオススメします。オシャレな愛されデブを目指すなら、まずはチャレンジ!

デブの勝機はインナーのチェック柄でシブ〜く味付け

 オーバーオール(小洒落ていえばサロペット)と呼ばれるウェアは、ジーンズやカバーオールと同じく作業着を源流とするアイテム。ファッションのジャンル的には、アメカジを軸とした着こなしが最もシックリくるだろう。デニム生地やチノなど、いかにもカジュアルな装いと相性の良い素材は、タフな使用にも耐えうるはず。多汗性の宿命を背負うボクらデブ紳士としては、汗が滲みにくい厚めの生地は「ありがたい」と感じることだろう。論より証拠で、ココはデブ向きのオーバーオールコーデを提案していく。そこで、デニム素材のアイテムと並んでアメカジの定番としてまず浮かぶのがチェック柄シャツ。遊びココロをくすぐるだけでなく、シブ〜い大人な印象を与え、汗も目立たず! ご近所で他の奥様から&子供の学校行事で他の父兄、先生方から「やだっ、◯◯さんてオシャレでステキ」と賞賛を浴びることができるのだ!

【ポチャ界ではコレ、NGです】

 オーバーオールの着用スタイルは2パターンあり、王道は肩紐を留めた着こなし。そして肩紐を外してラフに魅せるスタイリングがある。が、この着崩しコーデはスリムな人がやるから良いのであって、デブが真似すると前に垂れた部分が力士の化粧回しっぽくなってしまうのでNGと知識をインプットしておきたい。ってか、肩紐外すくらいなら、オーバーオールより普通のデニムパンツを大人しく穿いておけってこと!

小物使いとサイジングでデブな体型を拡散

 さらにキレイ目ポチャメンデブなテイストに仕上げたいなら、小物使いで勝負。 薄手のトップスにストールトなどを使って前面に厚みを加えれば、横に膨張したデブならではのシルエットを誤魔化してくれるだろう。ツバ広タイプのハットをかぶったりアイウェアを取り入れ、フェイスまわりに視線を集めるのも効果的だゾ。
 オーバーサイズを選んで体型の太さを強調するのは愚策だが、かといってタイトなパンツを穿いたデブほど見苦しいものはない。『サイジングはジャスト』、これは不変の真理なんでインプットしておこう。ジャストで程よくドレープ感を出しつつ、足元は確実にロールアップさせて、少しでもスマートに魅せる努力をすべし。
無彩色のトップスなら赤系のシューズを合わせて、カワイさをアピリたい。スマート×デブ=SO CUTEという鉄の法則は今後もお忘れなく

『デブ<オシャレ』で好印象にアップデート

 コーデ的に上級者向きで、痩せたヤツらでも取り入れるのが難しいと言われる『オーバーオール』をオシャレに着こなすだけで、『デブ』の印象より『オシャレ』という印象で上書きできる。体型の存在感を少しでも軽くしてセンスを強調できるオーバーオールをヘビロテして、気になるあの子を土俵際に寄り倒しちゃおう

<関連記事>
【前編】デブホスト列伝! デブを売りモノにして オンナも金も手に入れた 「ぽっちゃり王子が伝授!」
【デブ偉人】歴史上のぽちゃ偉人に学ぶ この名言がすごい!
【デブ目線】ポチャメンが住みやすい街7選【都内厳選】

チャーシュー

BMI check maker

BMIチェックメーカー

BMIチェックメーカー