Food

朝食抜きで健康的に太れるの?|メリットとデメリットを解説

朝食抜きの日々を過ごしている方は朝食抜き生活の影響を考えたことがありますでしょうか?実は朝食を抜くということは痩せることもできれば太ることにもつながる可能性を秘めています。ここでは朝食抜きで健康的に太れるかどうかの真実をご紹介していきます。太りたいと考えている人は必見です。

朝食を抜いていますか?

朝食抜き

朝食抜きは一般的に、不健康的なイメージにですよね。

朝食抜きのライフスタイルには、「痩せる」「太る」の両方の説が唱えられています。

今回の記事では、そんな朝食抜き生活で健康的に太れるのかを徹底解剖。

朝食を抜いている人は必見です。

朝食抜きは太るのか?

朝食を抜くと太ると言われています。

ですが、朝食を抜いたこと自体で太るということは一切ナシ。

それでも朝食を食べないことで太ることに繋がる要素はいくつか見受けられます。

朝食を食べないことで次の食事量が増えてしまう

朝食を食べないとなると、どうしてもお腹が空いてしまう問題。

お昼になると他の人以上にお腹が空いているので、たくさん食べますよね。

一度に多くの物を食べるというのは胃に大きな負担が…。
それによって、胃痛や胸やけといった症状も現れやすくなってきます。

また、人間には空腹時に食べた物のエネルギーを脂肪として蓄える機能アリ。

よってほんの少しの摂取量でも脂肪が増えることに繋がっているのです。

基礎代謝の低下

食抜きによる体重増加は基礎代謝の低下にもあります。

基礎代謝というのは、日常的な動作でもエネルギーを消費するパワー。

この数値が低いほど、運動を行ったとして痩せにくいのです。

朝食を抜いただけでも基礎代謝はガクッと下がります。

【関連記事】
運動前の食事はなにがオススメ?ジムでの運動前にこれを食べて
顔の脂がすごいぽっちゃり男子必見!対策とグッズを紹介

朝食抜くのは良いことなのか悪いことなのか?

朝食抜きのメリットデメリット

朝食は抜くことで太ることは可能です。

痩せることも太ることもできる朝食を抜く行為ですが、気になるのは健康問題。

果たして、健康的な観点から見るとどうなるのでしょうか?

朝食抜きの健康的なメリット

朝食抜きの健康的なメリットとしては胃に負担がかからないことが挙げられます。

前日にたくさん食べたとき、朝になってもお腹が空かなかったという経験はありませんか?

たくさん食べてしまうのは胃に大きな負担をかけています。

お腹が空かないということは、胃を休ませるべきだという証拠。

普段から朝にお腹が空かない人は無理に朝食を摂る必要はないかもしれません。

朝食抜きのデメリット

一方で朝食抜きのデメリットはいくつか挙げられます。

・必要な栄養素を摂りきれなくなる場合がある
・自律神経が乱れやすくなる
・筋肉量の減少が起こる
・脳卒中を発症させる可能性が高まる

これらのデメリットが存在しており、健康を気にする人にとっては見過ごせませんよね。

特に、脳卒中の発症が高まるリスクは死にも直結します。

朝食を食べる人よりも食べない人は、1.36倍ほど発症率が高いと言われているのです。

朝食抜きで健康になることは難しそうですね。

朝食抜きはデメリットが多いから非推奨

朝食抜きの生活は、健康的なメリットよりもデメリットが多くあります。

よって、太りたくても朝食は抜かないことが大事

健康的に太りたい人は、太りたくても絶対に朝食は食べた方がよさそうですよ。

【関連記事】
【健康的に太る方法】ただ惰性で太るよりキレイに太る方法
運動前の食事はなにがオススメ?ジムでの運動前にこれを食べて

ポッチャリ&ガッチリ限定の会員制コミュニティ!

「Mr.Babe BIG MAN's LABO」

入会はこちら↓

mr-babe-big-mans-labo