Column

スーツの汗抜きクリーニングしてる?自宅で汗抜きする危険性とは

スーツについた汗の汚れやにおいが気になっていませんか?実は、通常のクリーニングでは汗の汚れを落とすことはできないのです。そんなときに必要なのが「汗抜きクリーニング」。自宅でやっている人もいますが、それはスーツをダメにしてしまうかもしれません。プロにお願いして、清潔な男性を目指して。

まさか自宅でスーツの汗抜きしてませんよね?

自宅でスーツを洗う

スーツの汗抜きを自宅でやっていると、スーツが使い物にならなくなるかも。

自宅でのスーツの洗濯には、重大な危険が隠れています。

スーツが汚れてしまったときには、おとなしくクリーニングに出して。

スーツの水洗いは、プロの高度な技術と知識があって初めてキレイに仕上がります。

汗をかく季節で自分で洗いたくなる気持ちもわかりますが、それはプロに任せてみて。

【関連記事】

汗ジミ対策を始めよう|防止するために正しい原因を知ろう

スーツの汗抜き加工とは

スーツの汗抜き加工は、別名「ウェットクリーニング」と呼ばれています。
汗や食べ物のような水溶性の汚れを落としてくれるサービス。

プロが素材の特徴をつかんで、正しくキレイにしてくれます。

夏場の汗をかく季節や、ジュースをこぼしたときに最適です。

一度、汗抜き加工をプロに任せてみるといいかも。

スーツの汗抜きを自宅でやる危険性

スーツの汗抜きを自宅でやる危険性

自宅でスーツの汗抜き加工するのは、本当に危険です。

特に、汗かきさんは自宅で洗濯しちゃいたいと思いますよね。

でも、絶対にプロのクリーニング店にお願いするのがおすすめ。

自宅でスーツを洗って、スーツがダメになったら元も子もありません。

スーツになにかあってからでは遅いですよ…。

型崩れの危険性がある

スーツを自宅で洗ってしまうと型崩れを起こしてしまいます。

スーツを作っている様々な素材によって、水で生地が伸び縮みするかがバラバラだから。

たとえば、
・ウールは洗濯をすると縮む
・キュプラはシワになる

伸び縮みやシワはスーツの全体的なシルエットを崩してしまいます。

【関連記事】
完全ネット完結。業界初採寸システム採用。 最高品質の国内縫製オーダージャケット&スーツ専門店 『USTED KOUAHKINN(アステッドコーキン)』5月20日スタート

生地が痛む危険性がある

デリケートな素材だと、洗濯によって生地が傷んでしまうことも。
もしスーツに穴やほつれがあった場合、そこからドンドン壊れることもあります。

水を含んでキューティクルが乱れると、もとの状態に戻らなくなるのです。

・ウール
・カシミヤ
・シルク

これらのデリケートな素材が含まれている場合は、特に危険ですよ。

 

スーツの汗抜きの効果

スーツの汗抜きの効果

スーツの汗抜き加工にはさまざまな効果があります。

それは通常のクリーニングと違って、水を使って洗っているから。

通常クリーニングでは落とすことができない汚れを落とすことができます。

スーツの汗抜きの効果を知って、どんなときに自分が使いたいかを考えてみて。

汗の汚れを落とす

汗抜き加工は、その名の通り「汗の汚れ」を落としてくれます。

汗は水溶性の汚れなので、特殊な技法で水洗いすることによってサッパリ。

汗シミの予防や、汗のにおいまで完全に落ちます。

スーツについた汗が気になる人は、汗抜き加工でスーツをキレイにしてみて。

【関連記事】

暑がり対策まとめ|好かれるぽっちゃり男子のマナー解説!

デブが暑がりってホント!? 寒がりさんに迷惑かけてごめんなさい

 

食べ物・飲み物の汚れを落とす

スーツの上に食べ物・飲み物をこぼしてしまったことはありませんか?

その汚れが全然落ちなくて困っている人もいるでしょう。

この汚れも汗抜き加工で落とすことができます。

こぼした部分を放っておくと、大きな染みになっちゃうかも。

なにかをこぼしたときには3日以内にはプロにお願いして。

【関連記事】

おデブキャラ作りの教科書|好かれるデブになる方法を徹底解説

生地が柔らかくてサラッとする

汗抜き加工をすると、サラッとした仕上がりになります。

なぜなら、水を含んだ方法で洗いあげているから。

通常のクリーニングでは感じることができないような柔らかさになりますよ

スーツを着るような大事な日の前には、汗抜き加工で気分を入れ替えてみて。

【関連記事】

オーラがある人になる方法|一般人でも芸能人レベルの雰囲気を出すには

 

スーツの汗抜きの注意点

スーツの汗抜きの注意点

プロに汗抜き加工を頼むときも、少しだけ注意する必要があります。

・料金が高くなってしまう
・仕上がりに時間が掛かってしまう

注意点も知らないと、スーツが必要なときに「手元にない」なんてことも。

しっかり気を付けて、クリーニングに出して失敗をすることがないように。

料金が高くなってしまう

スーツの汗抜きをお願いすると、1000~2000円の料金がかかります。

これは通常のクリーニングの料金に上乗せされる金額。

特殊な溶剤を使っている場合はそれ以上してしまうことも。

しかし、自宅でスーツを洗ってダメにしてしまうよりはマシ。

スーツを守るためにある程度の金額は出してもいいのでは?

仕上がりに日数がかかってしまう

汗抜き加工をすると、少し時間が掛かってしまいます。

汗抜き加工は特殊なものなので、時間がかかることも納得できますよね。

通常なら1日でできあがるものが、3日や4日間掛かってしまうことも

汗抜きに出すときには、少し時間に余裕があるときにして。

【関連記事】

食事中の汗は病気のサイン?|代謝がいいだけで済ませちゃダメ

 

汗抜きは自宅ではなく、プロにお願いして

スーツの水溶性の汚れを取るためには、汗抜き加工が必要。

でも、自宅でやってしまってはスーツをダメにしてしまう危険性があります。

スーツの汗抜き加工は、プロのクリーニング店に頼みましょう。

清潔なスーツを着こなして、爽やかな男を目指して。

【関連記事】

汗ジミ対策を始めよう|防止するために正しい原因を知ろう

 

でぶファッションのカタログ|自分にあった服を見つける参考書

ポッチャリ&ガッチリ限定の会員制コミュニティ!

「Mr.Babe BIG MAN's LABO」

入会はこちら↓

mr-babe-big-mans-labo